神戸医療産業都市でレンタルラボ・オフィス、細胞培養センター(CPC)、RI実験施設、動物飼育・実験施設、GMP対応の施設をお探しの方へ。

先端医療センター施設概要

施設概要

敷地面積

11,149m2

延床面積

22,392m2

構造

鉄骨造 特殊制震構造

階数

地上5階建(一部地上3階建)

全体竣工

平成14年12月(Ⅲ期 臨床棟)
(Ⅰ期 医療機器棟は平成13年3月、
Ⅱ期 研究棟は平成14年3月に竣工)

研究室


設備概要
1.電気設備
受電方式高圧3Φ3W6.6KV 2回線受電
変圧器5,050KVA
予備電源非常用発電機 ガスタービン 1,000KVA1台

2.空調設備
空調方式単一ダクト方式、単一ダクト+ファンコイルユニット
またはパッケージエアコン
熱源冷熱源:吸収式冷凍機、氷蓄熱システム
温熱源:貫流ボイラー
3.衛生設備
給水飲用、雑用(地域中水利用)2系統、加圧給水方式
給湯中央+局所給湯方式
排水汚水、雑排水、実験排水の分流方式
4.防火設備
消火スプリンクラー、窒素ガス消火
排煙機械+自然排煙方式
昇降機6基(内、2基は非常用)

構造計画
制震構造による施設機能の保全
  • 耐震設計上の配慮として施設の重要度を考慮、制震パネルやアンボンドブレースなどの制震デバイスを活用し、一般建築よりも耐震性能を高めた構造設計。
  • 約45mの杭を、堅固な地盤(洪積層)にまで到達させて建物を支持し、震災時への対応と地盤沈下・不動沈下に対応。

制震デバイスを導入した架構計画


このページのTOPへ